災害時に水だけあれば温められる防災加熱袋

災害時、食品や缶詰などを温めるのに火は必要です。

ですが火をおこすには火災の心配もしないといけません。

そんなときには「防災加熱袋」が役立ちます。

生石灰と水との反応で最高温度約97℃、150mlの水があれば可能です。

発熱は水を入れてから20〜50秒後で、約15分間過熱状態を保ちます。

いざという時に役立つ防災グッズの1つとしていかがでしょう。

防災加熱袋.png

兼松

顔を明るくきれいに映せるリングライト

スマホを通じて相手に自分の顔を映し出すとき、暗くていい印象を与えられないと思ったとき、「スプリングアーム式リングライト」がおすすめです。

スプリングアームは最長104cmで、好みの位置に微調整が可能。

またリングライトは直径が約25cmで、照明モードは昼光色・昼白色・電球色の3種類、9段階のが一式になっていて、明るくきれいに映し出せます。

さらにスプリングアームを外せば、ライトは三脚に固定可能。

Youtubeやインスタ、Web会議などにとても便利なライトで、明るくきれいに自分の顔を映し出してみてはいかがでしょう。


スプリングアーム式リングライト

新型コロナウイルスの抑制効果に光触媒

カルテックが理化学研究所の協力のもと、日本大学医学部と共同で行った実験が発表しました。

「新型コロナウイルスに対する光触媒の有効性実験」です。

光触媒を搭載した除菌脱臭機(120Lの密閉型チャンバー)に浮遊する新型コロナウイルスを噴霧し作動したところ、13分で99%不活化したことが分かりました。

これにより一定空間内では新型コロナウイルスの抑制効果が確かめられたということです。

この実験結果が実使用環境での効果を示すものではないとしています。

これから光触媒が広く使用することになりそうです。

カルテックによる実験結果は下記を参考にしてください。
https://www.kaltec.co.jp/news/wp-content/uploads/2020/10/%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%bf%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9%e5%ae%9f%e8%a8%bc%e5%ae%9f%e9%a8%93.pdf

豪華な電動ブレンダーと電動ホイッパーの2本セット付録のDIME12月号

12月大特集「ポイ活 勝利の方程式」を掲載したDIMEですが、付録が豪華すぎです。

何と電動ブレンダーと電動ホイッパーの2本セット。

コンパクトでさまざまな調理などに使用できます。

例えばダルゴナコーヒーやカフェラテがつくれたり、卵かけごはんの卵白をメレンゲにしたり、ドレッシングの撹拌など使い方は無限です。

お金掛けずに簡単調理で、コロナ禍を乗り切りましょう。

DIME12月号_1.jpg

小学館

パワフルなモーターで野菜を素早くすりおろせるハンドブレンダー

ハンドブレンダーはいかに早く、撹拌できるかです。

「マルチクイック 7 ハンドブレンダー」ならその要望を満たしてくれます。

パワフルな400Wのモーターとシャフトが手の動きに合わせて上下に伸縮するテクノロジーを採用し、野菜を素早く、なめらかに仕上げることが可能。

また撹拌スピードはボタンを握る強さで調節ができます。

製品はアタッチメントの異なる6モデルがあり、すべてのモデルでブレンダーシャフト・アクティブブレードシャフト・専用計量カップが付属。

MCチョッパーが付属しているモデルでは、大根おろしが最大で200gを約60秒ですりおろせます。

野菜を素早くすりおろせるハンドブレンダーで、調理を時短してみてはいかがでしょう。